ビフィコロンは機能性表示食品

ビフィコロンの機能性表示食品としてのメリットとは?

 

ビフィコロンの機能性表示食品としてのメリットとは?

 

ビフィコロンは、2012年から販売されているヒット商品です。

 

そして、2017年7月に機能性表示食品としてリニューアル販売されています。

 

ここ数年の間で、機能性表示食品という商品をよく見かけるようになりました。

 

機能性が表示されているということはわかっていても、詳しい内容がよくわからないという方もいると思います。

 

ここでは、機能性表示食品について詳しくご紹介したいと思います。

 

そして、機能性表示食品としてもビフィコロンのメリットも見ていきたいと思います。

 

 

機能性表示食品とは?

 

機能性表示食品とは?

 

機能性表示食品の制度が始まる前は、機能性を表示できる食品は特定保健用食品(トクホ)と栄養機能食品だけでした。

 

トクホとは、国が個別に許可した食品、栄養機能食品は国の規格基準に適した食品のことです。

 

この制度の中では、トクホと栄養性機能食品以外の健康食品やサプリメントなどは、機能性を表示することができなかったので、あいまいな表現しかできない状態でした。

 

販売する側が優れた機能性を謳えないという不満もありましたが、何より消費者が正しい情報を得て商品を選択することができないという問題がありました。

 

具体的に何に効果があるのかわかりずらい商品は、選びたくないですよね。

 

そこで、2015年4月から、機能性をわかりやすく表示した商品の選択肢を増やすために、「機能性表示食品」の制度が開始されたのです。

 

トクホの場合は、国に対して健康効果の科学的根拠を示し、その有効性や安全性の審査を受けてから許可を得る流れになり、時間がかかるという難しさがあります。

 

しかし、機能性表示食品の場合は、国の定めたガイドラインに沿って安全性や化学的根拠に基づく機能性についての情報を提出して受理されれば、2カ月ほどで機能性表示食品として販売することができるというメリットがあるのです。

 

消費者としては、機能性表示食品が増えることで、より自分に合った商品を選択することができるので嬉しい制度ですね。

 

 

ビフィコロンの機能性表示食品としての届出表示は?

 

ビフィコロンの機能性表示食品としての届出表示は?

 

ビフィコロンは2017年7月から機能性表示食品としてリニューアル販売しています。

 

届出番号はC25です。機能性関与成分はビフィズス菌(BB536株)50億個となっています。

 

届出表示は、「本品には生きたビフィズス菌(BB536株)が含まれています。

 

ビフィズス菌(BB536株)には腸内環境を良好にして、腸の調子を整える機能が報告されています。」となっています。

 

これは非常にわかりやすい説明ですね。

 

ビフィコロンを摂取することで、腸の調子を整えることができるという機能性がしっかりと表示されているので、腸の調子に不安がある方にとっては嬉しい商品であるということがすぐにわかります。

 

ドラックストアや通販などにおいて、今非常に多くの商品が溢れています。

 

選択肢が多いのはありがたいのですが、その中から自分の目的に合った商品を探すことはなかなか難しいものです。

 

自分に合った商品を選びたいという場合には、機能性表示食品の商品を選択するのは賢い方法と言えますね。

 

 

以上、最近増えてきている機能性表示食品についてまとめてきました。

 

ビフィコロンはこの機能性表示食品です。

 

生きたビフィズス菌が腸の調子を整えるという明確な機能性が表示されているので、消費者としては非常にわかりやすいというメリットがあります。

 

様々な情報が溢れている中で、正しい情報を見極めるようにしていきたいですね。

 

 

↓毎朝すっきり 初回半額はこちら↓

ビフィコロン