ビフィコロンと便秘

便秘の原因は善玉菌にあった?ビフィコロンと便秘の関係とは

 

便秘の原因は善玉菌にあった

 

厚生労働省の調べによると、日本人女性の約4.9%、男性の約2.6%の方が便秘を自覚しているとされています。

 

また、年齢を重ねるごとに便秘に悩む方は多くなっています。

 

慢性的に便秘の悩んでいるという方も多いと思います。常にお腹がモヤモヤしてスッキリできないのは本当に辛いですよね。

 

また、体の調子がいまいちだったり、お肌にトラブルが出てしまうこともあります。

 

そんな便秘に悩む方々にも人気の高いビフィコロン。

 

ビフィコロンは、ビフィズス菌を大腸に届けることで腸内環境を整えてくれます。

 

これが便秘とどのような関係があるのでしょうか。

 

見ていきたいと思います。

 

 

便秘の種類とは?

 

便秘の種類とは?

 

排便回数が週に3回未満が便秘の目安と言われています。

 

また、排便の時に便が固くてなかなか出ない、コロコロした小さい硬い便が出る、スッキリ出ないという状態も便秘の症状です。

 

さらに、お腹にガスが溜まっている状態やお腹が張って苦しいなどという不快感も便秘の症状の一つです。

 

便秘の種類は、大きく2つに分類されます。

 

1つ目は、消化器官や内科的な病気が原因で便秘が引き起こされる場合です。

 

便秘の原因がはっきりしているケースです。

 

2つ目は、ストレス、生活リズムの乱れや腸内環境の乱れによって便秘が起きる場合です。

 

このタイプが一般的な便秘なのですが、便秘の原因がはっきりしていないケースになります。

 

このような便秘を防ぐだめには、規則正しい生活をすること、ストレスを溜めないように適度に休息をとること、そして腸内環境を整えることが大切とされています。

 

 

腸内環境の乱れが下痢を引き起こすメカニズムは?

 

腸内環境の乱れが下痢を引き起こすメカニズムは?

 

腸内環境が良くないと、どうして便秘が起きてしまうのでしょうか。

 

そのメカニズムを見ていきましょう。

 

口に入った食べ物は食道、胃を通過して腸まで運ばれてきます。

 

胃で消化された食べ物は、腸を通過して栄養を吸収されながら、体内の老廃物と混じり合うことで便になって排出されます。

 

腸を動かして食べ物を小腸から大腸へ送る動きをぜん動運動と言います。

 

ぜん動運動は、自律神経によって管理されています。

 

このぜん動運動は善玉菌と密接な関係にあります。善玉菌は乳酸や酢酸を作り出すことで、腸内を酸性の状態にしてくれます。

 

この酸性が自律神経を刺激することで、自律神経が指令を出してぜん動運動が始まる仕組みになっています。

 

つまり、善玉菌が増えることで、ぜん動運動がスムーズになり、便秘を防いでくれるということですね。

 

 

ビフィコロンの腸内環境への効果は?

 

ビフィコロンの腸内環境への効果は?

 

便秘を予防ためには、腸内の善玉菌を増やして、スムーズに排便するためのぜん動運動を良好にする必要があることがわかりました。

 

ビフィコロンは、1つのカプセルに善玉菌であるビフィズス菌を50億個配合しています。

 

しかも特殊なカプセルの効果で、このビフィズス菌が生きたまま大腸まで届けられるのです。

 

これにより、善玉菌が増えて健康的な腸の状態にすることができるのです。

 

ビフィコロン愛用者の方の口コミを見ていると、毎日のモヤモヤ感がなくなり、朝のスッキリ感を楽しむことができるようなったというコメントを多く見受けます。

 

ビフィコロンのビフィズス菌がしっかりと効果を発揮しているのですね。

 

便秘はお腹のハリという不快感だけではありません。

 

美容にも悪い影響を与えてしまいます。

 

肌荒れやニキビなどの原因になることもあるとされています。

 

体重にも悪い影響を与えてしまいます。

 

美しさを手に入れるためにも、毎日のスッキリ感がとても重要なのですね。

 

 

以上、ビフィコロンと便秘の関係についてご紹介してきました。

 

便秘の大敵は生活リズムの乱れ、ストレス、そして腸内環境の乱れです。

 

ビフィコロンを毎日の習慣にすることにより、良好な腸内環境が維持できるので、便秘の原因に良い効果を与えてくれますね。

 

毎日スッキリすることで、健康で美しい体を導いていきたいですね。

 

 

↓毎朝すっきり 初回半額はこちら↓

ビフィコロン