ビフィコロンと下痢

なかなか治らない下痢とビフィコロンの関係とは

 

なかなか治らない下痢とビフィコロンの関係とは

 

ビフィコロンは、毎朝のすっきり感を手に入れることですこやかな毎日を導いてくれる嬉しいアイテムです。

 

ビフィコロンの愛用者の方の口コミを見ていると、「お腹がゆるくて困っている」「すぐにお腹を下してしまう」という下痢気味の方がビフィコロンを飲み始めてみるというケースも多いことがわかります。

 

仕事や学校、通勤電車などで突然やってくる下痢の症状は本当に辛いものですよね。

 

長年悩まされているという方も多いと思います。

 

ここでは、ビフィコロンと下痢の関係について見ていきたいと思います。

 

 

下痢の種類とは?

 

下痢の種類とは?

 

下痢には、大きく2つの種類に分けることができます。

 

1つ目は、急性下痢です。

 

急に下痢になる一過性のものです。

 

1〜2週間程度で収まることがほとんどです。ウイルス性のものや、食べすぎ、冷え、ストレスなどが原因として考えられています。

 

2つ目は、慢性下痢です。

 

2週間以上続くことや、一度おさまってもまた繰り返すような下痢の場合は慢性の下痢と言えます。

 

原因としては、疲労や食生活の乱れ、そして腸内環境の乱れなどが考えられています。

 

 

腸内環境の乱れが下痢を引き起こすメカニズムは?

 

腸内環境の乱れが下痢を引き起こすメカニズムは?

 

腸は、ぜん動運動という運動をすることにより、胃で消化された食べ物を小腸から大腸へ送っていきます。

 

食べ物は、体内に栄養や水分を吸収されながら腸を通過することで、適度な水分量の便となって排出されます。

 

しかし、ぜん動運動が異常に過剰になってしまうと、食べ物が急スピードで腸を通過するため、水分が体内に十分に吸収されず、水分量の多い下痢便となって排出されるのです。

 

このぜん動運動は、善玉菌が作り出す乳酸や酢酸により、腸内が弱酸性に保たれることで、良好に働きます。

 

つまり、悪玉菌優勢で腸内環境が乱れていると、下痢を引き起こしてしまうという仕組みなのです。

 

下痢便を防ぐためには、善玉菌を増やして、腸内環境を整えることが大切なのですね。

 

 

ビフィコロンの腸内環境を整える効果

 

ビフィコロンの腸内環境を整える効果

 

繰り返してしまう慢性的な下痢の場合には、ストレスや食生活の乱れ以外に、腸内環境の乱れが原因であると言われています。

 

この腸内環境の乱れに力を発揮するのが、ビフィコロンのビフィズス菌の力です。

 

ビフィコロンは善玉菌であるビフィズス菌を生きたまま大腸に届けることができるので、悪玉菌優勢の状態から善玉菌優勢の環境に導くとされています。

 

下痢を一時的に止めようと薬を飲む方も多いと思いますが、慢性的な下痢の場合には、一時的に下痢の症状を止めることができても、またすぐに下痢の症状が出てきてしまいます。

 

毎回薬を飲み続けることで体に負担もかかりますよね。

 

ビフィコロンは医薬品ではなく食品です。

 

穏やかに腸内環境に働きかけていくので、負担もかからず、長期的に体質改善をサポートしてくれます。

 

そして、下痢の原因である腸内環境の乱れを整えてくれるのです。

 

腸内環境が整うことは、下痢に嬉しい効果がある以外にも、すこやかな体を導いてくれる効果もあります。

 

繰り返す下痢の悩みから解放されて、生き生きとした体が手に入ったらとても嬉しいですね。

 

 

以上、ビフィコロンと下痢の関係についてご紹介してきました。

 

多くの方が悩んでいる下痢には、様々な種類と様々な原因があります。

 

そして、腸内環境の乱れも原因のひとつとして考えられています。

 

ビフィコロンは悪玉菌優勢で乱れた腸内環境から、良好な善玉菌優勢な腸内環境へと変えてくれる効果が期待されています。

 

ビフィコロンを毎日の習慣にすることにより、腸内環境を整えていきたいですね。

 

 

↓毎朝すっきり 初回半額はこちら↓

ビフィコロン