ビフィコロンとビフィーナ

どちらもビフィズス菌50億個?ビフィコロンとビフィーナの魅力とは

 

どちらもビフィズス菌50億個フィコロンとビフィーナの魅力とは

 

「お腹の調子がいまいち…」という方に人気の日清ファルマのビフィコロンですが、同じように人気の高い商品があります。

 

森下仁丹のビフィーナという商品です。ビフィコロンと比較されることも多い商品です。

 

ここでは、このビフィーナという商品とビフィコロンを比較しながら、どのような違いがあるのか見ていきたいと思います。

 

サプリメントはどれも同じように見えてしまい、選ぶのが難しいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

森下仁丹のビフィーナとは?

 

森下仁丹のビフィーナとは?
https://www.181109.com/lp/bifina/casa16042/pc/?utm_source=sl&utm_medium=gsl_pc&utm_content=kw&utm_campaign=s30&banner_id=sl_gsl_pc_kw_s30&wapr=5a142981

 

 

歴史ある森下仁丹のヘルスケア商品ビフィーナは、シリーズ累計販売数1000万個という大ヒット商品です。

 

加齢、ストレスや食生活によって減少するビフィズス菌に着目して、ビフィズス菌を補うことで腸内フローラを改善しようということを目的としています。

 

毎朝のスッキリ感で健康な体を導きます。

 

このように、商品の目的はビフィコロンと同じですね。

 

詳しい相違点について見ていきましょう。ビフィーナシリーズの中でも人気の高いビフィーナSを取り上げてみたいと思います。

 

 

ビフィコロンとビフィーナSの相違点は?

 

ビフィコロンとビフィーナSの相違点は?

 

ビフィコロンもビフィーナSのも不足しがちなビフィズス菌を腸に届けることで、すこやかな腸内環境、そしてすこやかな毎日を導いてくれる商品です。

 

主な目的は同じであると言えますね。

 

まずは、同じ点から見ていきましょう。

 

・機能性表示食品
ビフィコロンもビフィーナSも機能性が明確にされている機能性表示食品です。どちらもしっかりと機能性を理解して選ぶことができる商品ですね。

 

・ビフィズス菌(BB536株)の量
ビフィコロンは1日1カプセルが目安摂取量です。1カプセルに入っているビフィズス菌は50億個です。
ビフィーナSは、1日1袋が目安摂取量です。1袋に入っているビフィズス菌は50億個です。
1日の摂取量の中に含まれているビフィズス菌の数は同じということになりますね。

 

次に異なる点を見てみましょう。

 

・摂取するタイプ
ビフィコロンは小さなカプセルタイプです。ビフィーナSは顆粒タイプです。
どちらのタイプも飲みやすいタイプです。どちらが良いかは、好みによりますね。

 

・1日の目安摂取量
ビフィコロンは1日1カプセル、ビフィーナSは1日1袋です。どちらも気軽に摂取できる量ですね。

 

・約1ヶ月分の通常価格
ビフィコロンは4,320円、ビフィーナSは3,856円です。

 

・菌の種類
ビフィコロンにはビフィズス菌しか含まれていませんが、ビフィーナSにはビフィズス菌以外にも、乳酸菌ラクトバチルス ガゼリ種JLG01株、乳酸菌エンテロコッカス フェシウム種LEF01株と3つの菌が入っています。さらに、ビフィーナSはこれらの菌のエサになるオリゴ糖も含まれています。
ビフィーナSのほうが、より多くの菌が含まれていることで、腸内フローラの改善が期待できますね。

 

・カプセルの特徴
ビフィコロンのカプセルは、ダブルガードカプセルという2層構造カプセルになっています。このカプセルが、胃では胃酸から、小腸では胆汁から乳酸菌を守り抜き、最終地点である大腸ではじめてカプセルが崩壊してビフィズス菌が広がるという仕組みになっています。
一方、ビフィーナSはハイパープロレクとカプセルという耐久性の3層構造になっています。胃酸からビフィズス菌や乳酸菌を守ります。胃では胃酸から守るのですが、小腸で溶け始める仕組みになっています。
直接大腸に働きかけるという点においては、ビフィコロンの方が優れた働きをすることがわかりますね。

 

 

以上、お腹の調子に悩んでいる方に人気の高いビフィコロンとビフィーナSの違いについてご紹介してきました。

 

どちらの商品も歴史と実績のある大手メーカーから発売されている商品で、多くの愛用者に支持されています。

 

比較してみると大きな違いは2つありました。

 

ビフィーナSはビフィズス菌の他に2種類の乳酸菌とオリゴ糖が配合されているので、より効果的に腸内環境を整えてくれることが期待できます。

 

一方、ビフィコロンは、独自開発したカプセルの構造により、胃だけでなく小腸でもビフィズス菌を守り抜き、大腸まで直接届けてくれるというメリットがあります。

 

大腸の環境を整えることこそ健康への近道であるという考えからすると、この効果は大きいですね。

 

どちらも優れた商品には違いないので、両方試してみて自分にあった商品を選ぶというのも賢い方法と言えますね。

 

 

↓毎朝すっきり 初回半額はこちら↓

ビフィコロン