ビフィコロン

ビフィコロンの効果が口コミで話題!好評判の訳とは【真相公開】

 

ビフィコロンの効果が口コミで話題!好評判の訳とは【真相公開】

 

健康に気をつかった生活を送っていても、今ひとつスッキリできないということはありませんか?

 

そのモヤモヤの原因は腸内環境にあるかもしれません。

 

腸内バランスが崩れていると健康的なダメージが起こりやすいのです。

 

そこで腸内環境を見直すための方法を探してみたところ、日清製粉グループの日清ファルマから販売されている「ビフィコロン」という商品を見つけました。

 

毎日のスッキリで、元気で若々しい毎日を送れると好評判の商品です。

 

実感力の高さの秘密は、「大腸」と「ビフィズス菌」にあります。

 

一体どんな効果があるのでしょうか。

 

口コミの評判などを検証しながら、ビフィコロンの人気の秘密をご紹介していきたいと思います。

 

[ Contents ]

 

1.健康に大切なのは「大腸」の管理
2.ビフィコロンとは?
 2-1.日清ファルマ株式会社とは?
 2-2.日清製粉グループの研究から誕生したビフィコロン
3.ビフィコロンの魅力1:大腸に生きたままのビフィズス菌を届ける
 3-1.ダブルガードカプセルとは?
4.ビフィコロンの魅力2:ビフィズス菌(BB536株)の効果
5.ビフィコロンの魅力3:飲みやすさ
6.ビフィコロンの魅力:徹底された安全性
7.ビフィコロンの成分は?
8.ビフィコロンの飲み方
9.ビフィコロンの気になる口コミは?
10.ビフィコロンの購入方法は?
 10-1.Amazon、楽天
 10-2.公式サイトのお得な定期購入
 10-3.お得な半額での購入方法

 

 

↓毎朝すっきり 初回半額はこちら↓

ビフィコロン

 

 

健康に大切なのは「大腸」の管理

 

健康に大切なのは「大腸」の管理

 

お腹の調子が不安定な日があったり、お腹が重い感じがしたり、今ひとつスッキリ感がないということがありませんか?

 

お腹にモヤモヤ感があると、1日中気になってとても嫌なものですよね。

 

そんな日が続くと本当に憂鬱になってしまいます。

 

毎日朝からスッキリすることができたら、仕事や趣味も充実して、もっと毎日を楽しむことができますよね。

 

そんな方に必要なのは腸内環境を見直してみることです。

 

そして大腸の管理をすることが重要です。

 

健康と大腸の関係はとても密接です。

 

大腸にいらないものを溜め込んでしまうと、健康的な毎日に悪影響を与える可能性があるのです。

 

 

ビフィコロンとは?

 

ビフィコロンとは?

 

健康と大腸の関係に着目して、大腸の環境を健やかにすることで健康な毎日を導こうと作られたのが、日清ファルマのビフィコロンです。

 

この商品は、機能性表示食品です。

 

最近よく目にする機能性表示食品という言葉ですが、みなさんご存知でしょうか。

 

2015年4月に始まった制度で、事業者の責任の下、機能性を表示できる商品として消費者庁へ届け出された食品のことです。

 

機能性が明確にされていることで、より自分の希望に合った商品を正しく選ぶことができるのです。

 

1日1カプセル飲むだけという気軽さも人気のひとつです。

 

累計販売数90万個突破、満足度83%という大人気の商品です。

 

 

日清ファルマ株式会社とは?

 

日清ファルマ株式会社とは?

 

ビフィコロンを販売しているはどんな会社でしょうか。

 

毎日の生活習慣にするのであれば信頼のある会社の商品かどうか調べておきたいですよね。

 

ビフィコロンを販売しているのは、日清ファルマ株式会社という会社です。

 

小麦粉やパスタでおなじみの日清製粉のグループ会社です。

 

東京千代田区に本社を構えた2001年設立の会社です。

 

健康食品や機能性食品から医薬品原薬、医薬製剤などを研究、開発、製造をしている健康食品企業です。

 

健康と安全を志向する社会のニーズに応えていくことをモットーとしています。

 

健康に強い関心が高まっている超高齢化社会の日本。新しい健康ニーズに対応するための新製品の開発に挑み続けています。

 

また高品質、安全性にも力を入れています。

 

おなじみの超大手メーカーのグループ会社ということで、信頼性や安全性に問題はない会社と言えますね。

 

時代のニーズに合わせた製品を開発しているということで、ビフィコロン以外にも高評価の製品がたくさんあります。

 

 

日清製粉グループの研究から誕生したビフィコロン

 

日清製粉グループの研究から誕生したビフィコロン

 

1900年の創業から高品質な小麦粉を提供している日清製粉グループの商品。

 

日本人なら誰でも一度は手にしたことのあるものばかりだと思います。

 

この小麦の研究課程の中で、小麦の外皮部分にあるふすまには、食物繊維が豊富であることがわかりました。

 

これがきっかけで腸内細菌叢の研究へと発展していくことになります。

 

そして1980年にはビフィズス菌の研究が始まります。

 

研究員たちにより「ビフィズス菌を生きたまま大腸に届ける」ことの重要性についての追求が始まったのです。

 

そして今「ダブルガードカプセル」の特許を取得して、ビフィコロンが完成したのです。

 

非常に長い年月の研究の結果、手軽に健康を支えることができる商品が誕生したのですね。

 

 

ビフィコロンの魅力1:大腸に生きたままのビフィズス菌を届ける

 

ビフィコロンの魅力1:大腸に生きたままのビフィズス菌を届ける

 

大腸には、良い働きをする善玉菌と、悪い働きをする悪玉菌がバランスを保ちながら生息しています。

 

悪玉菌の数が優勢になってしまうと、悪玉菌が作り出す腐敗物がたまったままの状態になり、これがやがて全身をめぐってどんより状態になってしまうのです。

 

健康リスクの原因になる可能性もあります。

 

健康でいるためには、善玉菌の数を増やすために善玉菌を補うことが必要になるのです。

 

 

乳酸菌よりビフィズス菌

 

善玉菌の代表的な存在として知られている乳酸菌とビフィズス菌ですが、大腸の環境を健やかにするためには、乳酸菌よりビフィズス菌が効果的です。

 

乳酸菌は乳酸菌のみを生み出すのですが、ビフィズス菌は乳酸菌以外にも殺菌力のある酢酸を生み出すことができるのです。

 

これにより腸内を酸性に保つことができます。

 

善玉菌は酸性の状態で活発になり、悪玉菌はアルカリ性の状態だと活発になります。

 

つまりビフィズス菌が多くなることで善玉菌優勢の良好な腸内環境になれるということですね。

 

 

年齢とともに減少するビフィズス菌

 

生後一週間の母乳を飲んでいる赤ちゃんの大腸内は95%以上がビフィズス菌です。

 

しかし年を重ねるごとに減っていき、中年期を過ぎることから大きく減少してしまいます。

 

腸内環境を健やかにするためには、サプリメントなどでビフィズス菌を補うことが効果的なのです。

 

若い頃は調子が良かったのに、年齢を重ねるごとにスッキリ感を得られなくなってきた…という方もいると思います。

 

それは善玉菌の代表であるビフィズス菌の減少が原因であることが考えられますね。

 

赤ちゃんの時には95%以上だったビフィズス菌も、60歳にはなんと1%未満になってしまうのです。

 

 

小腸より大腸

 

ビフィズス菌を摂るためにヨーグルトなどの食品を食べることを習慣にしているという方もいると思います。

 

そのような習慣で腸内環境が良くなっていると安心されている方もいるでしょう。

 

ビフィズス菌は、大腸に届いてこそ力を発揮するとされています。

 

しかし、ヨーグルトでビフィズス菌を摂っていても、大半は大腸に行きつく前に死滅してしまっているのです。

 

ビフィズス菌は、胃酸や小腸の胆汁に弱い性質があるからです。

 

「ビフィズス菌が腸に届く」という商品は多くありますが、実はこの「腸」が大腸なのか小腸なのかということは大きな違いなのです。

 

小腸は食べ物を分解して栄養を吸収することが主な働きです。

 

一方大腸は、不要になった老廃物を排泄したり溜めたりする働きがあります。

 

そこで大腸の働きが衰えると老廃物が溜まりやすくなり健康トラブルの原因になる可能性が高いのです。

 

健康管理するためには大腸の管理をすることが最も大切ということなのですね。

 

ビフィコロンが大腸にこだわる理由はここにあるのですね。

 

 

ダブルガードカプセルとは?

 

ダブルガードカプセルとは?

 

日清ファルマは、ビフィズス菌を生きたまま大腸へ届けるにはどうすれば良いか考えました。

 

そして開発されたのが、特許を取得した「ダブルガードカプセル」です。

 

ダブルガードカプセルとは、日清ファルマが開発し特許を取得した2層構造のカプセルです。

 

外側の第1ガード層が胃酸からビフィズス菌を守ります。

 

そして、第2ガード層が胆汁や消化酵素などからもビフィズス菌を守ります。

 

カプセルと胃に入ると、耐酸性ガード層が胃酸からビフィズス菌を守ります。

 

次に小腸に入るとカプセル外側層は胆汁で溶解されて、内側の難消化性ガード層が胆汁からビフィズス菌を守ります。

 

2層に守られた乳酸菌は、大腸に着いてはじめてカプセルが崩壊し、ビフィズス菌が生きたまま大腸に広がります。

 

カプセルは植物繊維でてきており、崩壊したカプセルは腸内細菌のエサになります。

 

自らが善玉菌とした活躍するだけでなく、もともと大腸にいたビフィズス菌まで元気な状態にしてくれるのです。

 

ビフィズス菌がカプセルに入ったまま大腸まで大切に送り届けられるというのが凄いですね。

 

しっかりとビフィズス菌が大腸に広がることで嬉しい効果が期待できる仕組みですね。

 

 

ビフィコロンの魅力2:ビフィズス菌(BB536株)の効果

 

ビフィコロンの魅力2:ビフィズス菌(BB536株)の効果

 

人間の大腸に生息している善玉菌の99.9%がビフィズス菌です。

 

ビフィズス菌を摂取することで大腸の環境にとても良い効果があることがわかりますね。

 

また、ビフィズス菌には乳酸菌にはない重要な役割があります。

 

それは、殺菌力の強い酢酸をつくり出すことができるということです。

 

これが大腸環境において大きなポイントとなるのです。

 

酢酸は悪玉菌を退治してくれる働きがあります。

 

これにより善玉菌優勢の環境にしてくれるのです。

 

ビフィコロンには、生きたビフィズス菌(BB536株)が含まれています。

 

なんと1粒のカプセルに50億個のヒト由来のビフィズス菌が配合されています。

 

このビフィズス菌にはすごい実力があります。

 

生きたままの状態で大腸まで届くことで、ビフィズス菌占有率が23.7%から34.4%と増加した結果が確認されています。

 

また、2週間あたりの排便数が8.4回から9.6回と有意に増えていることも報告されています。

 

さらに、便のニオイについても変化を及ぼしています。

 

ニオイ=アンモニアの量が有意に減少することがわかっています。

 

たった1カプセルにこれほどの数のビフィズス菌が詰まっているとは驚きますね。

 

高い効果が期待できます。

 

 

ビフィコロンの魅力3:飲みやすさ

 

ビフィコロンの魅力3:飲みやすさ

 

ビフィコロンは生きたビフィズス菌を大腸に届けてくれる嬉しいカプセルです。

 

腸内環境をすこやかな毎日を導いてくれるでしょう。

 

しかし、ビフィズス菌は日々排泄されてしまうものなので、毎日補ってあげることが大切です。

 

そのために必要なのは飲みやすさです。飲む粒の量が多かったり、大きな粒だと毎日の習慣にするのが難しくなりますよね。

 

ビフィコロンは1日1粒、しかも小さい粒です。味も気にならず、ジュースやコーヒーと飲んでもOKです。

 

ヨーグルトや顆粒が苦手という方でも、これなら飲みやすいですね。

 

さらに1粒たったの1.07kcalなのでカロリーを気にする必要もありません。

 

このようなビフィコロンの気軽さも人気の秘密なのですね。旅行や出張先なども持っていきやすいですね。

 

 

ビフィコロンの魅力:徹底された安全性

 

ビフィコロンの魅力:徹底された安全性

 

ビフィコロンは毎日生きたビフィズス菌を大腸に届けるために、毎日飲み続けることが大切です。

 

毎日の習慣にすることによりスッキリなすこやかな体を手に入れたいですね。

 

しかし毎日摂り続けるとなると、非常に気になるのが安全性についてです。

 

健康のために飲み続けて体に何か良く影響が出てしまっては困りますよね。

 

ビフィコロンの安全性はどうでしょうか。

 

ビフィコロンは日清製粉グループの日清ファルマから販売されている商品です。

 

長きに渡り日本の食の安全を守ってきた信頼ある日清製粉グループということで、まず安心できる商品であると言えますね。

 

日清ファルマは、安全と品質を第一に考えている会社です。

 

大手メーカーならではの安全実績に基づき、原料の有用性、そして品質や安全性について全て細かく調査しています。

 

製品化するまでには何度も検査を繰り返し、出荷するまで厳格な管理をしています。

 

そして通信販売に限定することで、より徹底した管理を実現しています。

 

第三者の専門家が管理することで、衛生管理を徹底しています。

 

大手メーカーという信頼性に加えて、ここまで徹底した管理をしているということで安全性の高い商品であることは明確ですね。

 

安心して毎日飲み続けることができますね。

 

 

ビフィコロンの成分は?

 

ビフィコロンの成分は?

 

ここで、ビフィコロンの全成分を見てみましょう。

 

  • 澱粉
  • ビフィズス菌末(乳成分を含む)/HPMC
  • シェラック、キトサン(かに由来)
  • グリセリン脂肪酸エステル
  • グリセリン、カルメル色素
  • 植物ワックス
  • ミツロウ

 

【摂取上の注意】

 

ビフィコロンを摂取する上で注意したいことがあります。

 

 

・食物アレルギーがある方の場合

 

この全成分を見て気をつけたいのが、乳成分とかに由来成分が含まれているところです。食物アレルギーがある方は摂取しないように注意してください。

 

 

・カプセルがそのまま排出される場合

 

また、ごくたまにビフィコロンのカプセルがそのまま出てきてしまうという方がいます。

 

ビフィコロンは、大腸で崩壊する特殊なカプセルを使っています。

 

そのため、食事や飲酒の影響でそのまま便と一緒に出る場合もあります。

 

好ましくない体調変化が現れず、カプセルが出てくるのが一時的なものであれば、飲む条件を変えることでカプセルが溶けるようになることがあります。

 

しかし、頻繁に出てきてしまう場合は、体に合わない場合があり実感することが難しいので、飲むのをやめるようにしましょう。

 

また、ビフィコロンは医薬品ではないので、基本的に副作用が出るという心配はありません。

 

ゆっくりと体に働きかけていくので、急激な改善を見ることができませんが、長期的に飲み続けることでゆっくりと実感が出てくるでしょう。

 

 

ビフィコロンの飲み方

 

ビフィコロンの飲み方

 

ここで、ビフィコロンの飲み方についてご紹介したいと思います。

 

1日1粒を目安に、十分な水またはぬるま湯と一緒に飲みましょう。

 

薬ではないので、どのタイミングで飲んでも問題ありません。

 

毎日夕食後など、ライフスタイルに合わせて習慣にすると良いですね。

 

ビフィコロンはダブルガードカプセルによってビフィズス菌が大腸まで届けられる仕組みになっています。

 

飲む際にはカプセルから出さずにそのまま飲みましょう。

 

ダブルガードカプセルは食物繊維を原料としたカプセルです。

 

ビフィズス菌は毎日排出されるものなので、腸内環境を整えておくためには毎日飲み続ける習慣が大切です。

 

時々飲むという方もいるかもしれませんが、毎日の習慣にしていきたいですね。

 

ビフィズス菌は年齢とともに減少しますが、ストレスや食生活の乱れなどによっても減少します。

 

そのためビフィコロンは若い年齢層の方々や、働き盛りの中高年の方など、幅広い方にとって効果的であると言えます。

 

年齢に関係なく腸内環境を見直したいという方におすすめできる商品ですね。

 

 

ビフィコロンの気になる口コミは?

 

ビフィコロンは、日清ファルマという信頼のブランドが作っているということで人気を集めています。

 

生きたビフィズス菌を大腸に届けることを実現してくれるということで高い効果が期待できますね。

 

ここでは、愛用者の方の感想を見ながら、どんな効果を実感しているのかご紹介したいと思います。

 

 

・60代男性の方
妻と共有の趣味が多いので、いつまでも一緒に楽しみたいと思っています。そのために健康でいることが大切だと思い、適度な運動をしたり食生活にも気を付けているつもりです。ビフィコロンも私の健康習慣の一つです。毎日飲み続けています。このようなものは飲んでからすぐに変化はありませんが、長年続けることで実感が得られるようになると思います。これからも飲み続け、趣味も仕事も楽しみたいと思っています。


 

 

・50代男性の方
1日1カプセルでいいのがとても楽で習慣として続けています。毎日のことなので、飲みやすくて手ごろなところが嬉しいですね。毎日のリズムがそのまま体の調子の良さにもつながっていくので、毎日しっかり飲まなきゃいけないと思っています。続けていると、以前と比べて元気でいられます。


 

 

・60代女性の方
スッキリしないという悩みが昔からありました。そんな時ビフィコロンの広告を見つけてお試しで飲み始めてみました。なんと2日後の朝からその力を実感しました。これは凄いと思い、すぐに定期購入することにしました。毎朝すがすがしい前向きな気持ちで起きることができます。健康な大腸が、体、そして心も元気にしてくれると思います。


 

このように、みなさん健康な大腸作りを積極的に行っていることがわかりますね。

 

スッキリしないと、とても気持ちが沈んでしまい、何事もやる気が出ないものです。

 

逆にスッキリの朝はとても前向きになり1日何でも頑張ろう!という気分になりますよね。

 

大腸管理を続けることで、いくつになってもしっかり健康管理していきたいですね。

 

 

ビフィコロンの購入方法は?

 

ビフィコロンの購入方法は?

 

ビフィコロンがとても魅力的な商品であることがわかってきました。

 

毎日の健康習慣のために取り入れてみたいという方もいると思います。

 

そこで気になるのが購入方法と値段ですね。

 

ビフィコロンは、ドラックストアなのでは販売していません。

 

徹底した管理のもと、お客様に直接届けることを優先しているので、通販に限定した販売方法をとっているのです。

 

公式サイトの通常価格は、ビフィコロン30粒入りは4,320円、60粒入りは7,992円です。

 

 

Amazon、楽天

 

[Amazon]
Amazon

 

[楽天]
楽天

 

次に、日本最大の通販サイトAmazonと楽天で販売されているかどうか見てみましょう。

 

Amazon、楽天ともにビフィコロンを販売していました。

 

ビフィコロン30粒入りの商品について、Amazonでは4,980円、楽天では6,171円で販売されています。

 

60粒入りの商品については、Amazonでは7,385円、楽天では10,778円で販売されています。

 

公式サイトの通常価格よりも値段が高いですね。

 

公式サイトには、公式ならではの安心感やサービス、そして類似品と間違えてしまう心配などもありません。

 

総合的に考えて、公式サイトを利用するのが良いですね。

 

 

公式サイトのお得な定期購入

 

公式サイトのお得な定期購入

 

ビフィコロン30粒入り(約30日分)の通常価格は4,320円です。

 

しかし今ならとてもお得な方法で購入することできます。

 

定期コースとして申し込むと、初回のみ半額の2,160円で購入することができるのです。

 

送料は無料になります。

 

定期コースは30日ごとにお届けするサービスです。

 

お届け日の10日前までに連絡をすれば定期の変更や休止、解約をすることができます。

 

また、商品到着後7日以内であれば、商品の返品、交換も対応してもらえます。

 

お客様事由による返品は商品が未開封であることが条件です。

 

また、返送料はお客様負担です。

 

変更、休止、解約、返品の場合は、日清ファルマダイレクトオンライン0120-240-410まで連絡をしましょう。(9:00〜21:00年末無休 年末年始は除く)

 

定期購入と言っても、どうしても都合が悪くなった場合や自分に合わないと感じた場合には、解約することもできます。

 

特に条件などはないので、気軽に定期購入してみることができます。
(条件が変更される場合もありますので確認をして下さい)

 

半額で1ヶ月試してみることができるのはとても嬉しいです。

 

この機会に利用してみたいですね。

 

 

お得な半額での購入方法

 

@公式の専用サイトへ移動
https://cp.nisshin-pharma.com/

 

ビフィコロン

 

 

A「2160円初回半額」ボタンを押す

 

ビフィコロン

 

 

B必要項目入力後「申し込む」ボタンを押す

 

ビフィコロン

 

 

C内容確認後「お申込み内容を確定する」ボタンを押す

 

ビフィコロン

 

 

D完了

 

 

以上、日清ファルマのビフィコロンについてご紹介してきました。

 

毎日イキイキとして若々しい毎日を送るためには、大腸の健康を考えることが大切であることがよくわかりました。

 

そしてそのためには、生きたビフィズス菌を大腸に届けることが大切なのですね。

 

これを実現することに成功したビフィコロンは非常に期待が持てる商品ですね。

 

毎日たった1粒飲むだけで元気な毎日を手に入れることができたら本当に嬉しいです。

 

今なら嬉しい半額キャンペーンもしているので、この機会にその実力を試してみたいですね。

 

 

↓毎朝すっきり 初回半額はこちら↓

ビフィコロン